• 2013/11/05 /  岩手, 旅行記, 日本

    遠野物語 かたる号は、伝承園横の駐車場に到着。

    先ずは、常堅寺、カッパ淵に向かいます。
    常堅寺は室町時代の創建ということです。

    NN1

    なんといってもここの名物はカッパの狛犬(変な表現ですが)。

    M24

    もう一体。ちゃんと頭にお皿があります。

    M25

    常堅寺が火事になったとき、近くに住むカッパが火を消して狛犬になったという伝説です。
    いいやつなんですね。

    そして昨日も来たカッパ淵。
    今日は釣り竿にキュウリがぶら下がっています。
    演出?

    M26

    この後戻って伝承園横のレストランで食事です。

    「ひっつみ定食」。
    「ひっつみ」というすいとんのような汁物が中心の定食です。

    M27

    出汁がおいしい。ご飯がついているので若干炭水化物取り過ぎですが、
    食べた後暖かくなりました。

    食事後伝承園に入ります。
    曲り屋など遠野の農家が再現されています。

    M28

    中で昔話が聞けます。

    M29

    「むかぁしあったずもな」で始まり「どんとはれ」で終わる遠野の昔話です。
    遠野YHのペアレントによると「どんとはれ」とは
    「稲藁(どんと)をはらえ(はれ)」の意味で、
    冬の夜稲わらを編みながら子供達に昔話をしていて、
    もう寝る時間になったので、からだについた藁をはらって
    早く寝ろということらしいです。
    なんか暖ったかい情景ですね。

    伝承園の売店で「水木しげるの遠野物語」を購入。
    水木先生の画風て遠野物語にあいますね。

    MMM1

    このあとバスは、福泉寺へ向かい観音堂で巨大な一木彫りの観音様をお参りしました。

    M30

    ここで遠野物語 かたる号のバスツアーは終了です。
    遠野駅まで戻って解散。

    バスを降りたらまだ15:30だったので、
    遠野市立博物館によってから遠野の二泊目 民宿 「とおの」へ。
    早速お風呂をいただきました。

    M32

    どうも台風が接近してきているようで、駅員さんに聞くと、
    最悪列車が止まる可能性があるので
    遠野6:18発の普通に乗って新花巻まで行き、
    新幹線を使って、台風が来る前に、仙台から福島へ一気に南下する事にした。
    新幹線には東北ローカルパスが使えないので残念ですがしかたない。

    明日は早いので、民宿「とおの」のおいしい夕食をいただき早く寝ました。

    以上 遠野 常堅寺、カッパ淵、伝承園

    ブログランキングに参加しています。
    できれば下のアジア旅行ボタンをポチっと御願します。
    励みになります。

    にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
    にほんブログ村


    より大きな地図で 遠野 を表示

    Posted by baidali @ 12:00 AM

2 Responses

WP_Blue_Mist
  • hoo Says:

    今回の一連の遠野の旅行記はおもしろかったです。baidaliさんの素朴なつぶやきがいいですね。Baidaliさんはきっと優しい人ですね。また旅心がふつふつとわいてきました。行けるかなー。一人で外出は無理なのでね。

  • baidali Says:

    hooさん、ありがとうございます。
    今回の遠野は楽しかったです。しみじみと楽しかったというべきか、
    それでブログもちょっとはましなものが書けたのかもしれません。
    私の旅行記事を楽しんでもらえたのがうれしいです。

コメントをする

ご注意:コメント管理の為にあなたのコメントがすぐに反映しない事がありますが、コメントの再送信はしないで下さい。